税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 依頼したい内容を整理する

依頼したい内容を整理する

多数の税理士の中から最適なパートナーを選ぶのは大変なことです。
税理士の選択は、事業を成功に導く大きな要素となりますので、事前に話す内容や依頼したい内容を準備しておき、慎重に選択されることをおすすめします。

何のために税理士と契約するのか?

どうして、何のために、税理士と契約するのでしょうか?
「税務申告のため」「銀行に融資資料を出すため」「経営計画の策定支援をお願いしたい」などさまざまな理由が挙げられると思いますが、いかなる理由であっても、それらはすべて「会社、事業の発展のため」ということになるでしょう。
この目的をかなえるために、下記の3点は事前に確認・整理しておきましょう。

1:自社の経理状況をよく把握しましょう
自社の経理がどのような状態か、まずはきちんと把握しておきましょう。
決算の内容によって、どのような税理士にお願いしたら良いのかが変わります。会社や事業を大きくするために重要な「お金」の管理を任せるわけですから、細かい部分まで把握しろとは言いませんが、自分でも最低限のことは把握しておく必要があります。

2:税務や税理士業務に関する知識を身につけましょう
税理士への支払い報酬金額は、不透明・不明朗だと言われますが、基本的には人件費です。どのようなお願いをするかによって、報酬金額は異なります。具体的には、訪問回数・決算処理の有無・消費税申告の有無・事業規模 等から顧問料金が算出されています。
もちろん、お願いする税理士によって料金体系が違いますが、基本的には上記の項目に従って金額が決定されます。また、税理士によっては、節税対策や助成金、事業計画、経営コンサルティングなど、様々な得意分野で差別化を図っています。
※参照:税理士の適正価格

3:選ぶ際の基準を明確にしましょう
税理士毎の得意業務は、税理士を選ぶ際の重要な選択肢の1つですが、他にもいろいろな基準があります。
※参照:税理士を選ぶ基準を確認