税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[輸出入業]

業界別 税理士を選ぶポイント[輸出入業]

輸出入業に詳しい税理士を無料でご紹介しています。

為替の損益・差分を把握したい
為替の相場は日々変動していますので、会計処理を行う上で、単純にはいかない場合もあるので注意しましょう。
どこまでが経費になりますか?
事業に関連した支出のみ経費として認められます。
認められるかどうか不明な支出がある場合は、やはり専門家のアドバイスを受けた方が良いでしょう。
消費税還付申請をしたい
輸出業者は消費税の申告をすることによって消費税額の還付を受けることが出来ます。
還付される金額が大きい事業であれば、短いサイクルで申請できると資金繰りも助かります。
帳簿の付け方が分からない
輸出入業で帳簿を付ける場合には、消費税の扱いに関してのお問い合わせが多く寄せられます。
ご自身でしっかりと把握するのが難しい場合は、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。
できるだけ節税したい
決算間際などの突発的な節税対策は、あまりお勧めできません。
決算対策をしても「遅きに失する」ことがありますので、利益を求めて起業したからには節税を考えながら会社を運営していかなければいけません。
日々の経理処理などをしっかりと行い、税理士ともよく相談しておく必要があります。
会計ソフトの使い方って?
会計ソフトは、法人の場合に必要になる複式簿記の帳簿作成に役立ちます。
扱いやすいと感じた物や、会計事務所に合わせたソフトにするのをお勧めします。