税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[建設業]

業界別 税理士を選ぶポイント[建設業]

建設業に詳しい税理士を無料でご紹介しています。

従業員と外注の違いは
建設業での税務調査で頻繁に問題となることの一つに、人件費と外注費についての見解の相違があります。
経営者様としても、社会保険に加入させ半額を負担しなければならない従業員よりも、個人で国保、年金に加入する外注先として取扱いをしたいというケースが増えてきているようです。
工事別の損益を知りたい
「部門別の数字や、全体的な数字は把握しているが、工事別になると。」などの声もよく伺います。
工事別損益を算出すれば、不採算工事の理由分析を行なうことも可能です。
経営事項審査の評価を上げたい
公共事業を請け負いたい経営者様には、毎年公共工事を請け負うためには定期的に経営事項審査を受ける必要があるため、経営事項審査は非常に重要です。
経営事項審査申請とは、「経営規模等評価結果通知書」と「総合評定値通知書」の両方、あるいはいずれか一方の発行を請求することです。
専門家のサポートを受ける事で、評価を上げる事ができるかもしれません。
建設業許可関連の手続きについて
建設業許可の有効期間は5年です。満了する前に更新の手続きをする必要があります。
ただし、地域や規模、業種などによっても手続き方法が変わる場合があります。
まずは専門家に相談して、どの様な手続きが必要か把握することが大切です。
どこまでが経費になりますか
休憩時間内の作業員の方が飲まれるお茶やコーヒーは、福利厚生費として経費処理できるのか、できないのかなどの結果も、税務にも関わってきます。
ちょっとした事が経費削減に繋がってきます。
会計ソフトの使い方
他の業種同様、建設業においても会計ソフトを利用している所は増えています。
建設業独特の管理会計に特化した会計ソフトの導入もお勧めできますが、会計ソフトのサポートを行える税理士に、顧問になってもらう事もお勧めします。