税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[ネットショップ]

業界別 税理士を選ぶポイント[ネットショップ]

ネットショップに詳しい税理士を無料でご紹介しています。

開業するのに必要なもの
ネットショップの開業で、どの様なお店にするのかも重要なポイントですが、取り扱う商品によっては資格や届出が必要な場合がありますので、確認をしておきましょう。
食品を扱うのなら食品衛生法に基づく営業許可が必要だったり、輸入商品を扱うのにも規制と法律がありますし、ペットを扱うのならば動物取扱業の届出が、酒類を販売するには酒類免許が必要です。
ネットショップ運営の注意点とは
副業でネットショップを運営する場合でも、収入が20万円を超える場合は確定申告をする必要があります。
個人事業主から法人化したい
売上規模が上がれば、法人化する方が節税対策を行いやすくなってきます。また、信用力アップのために法人化を選ぶケースが増えています。
法人化による節税には、事業所得を給与所得にすることや、所得を個人と法人に分散するという方法があります。
出来るだけ節税したい
節税方法には、決算日に広告費を一括で経費にする方法や、役員給与の金額を上手に決めることなどがあります。また節税の基本として事業所得金額を下げる事が大切になります。
商品の仕入れ経費や商品取引時にかかった交通費手数料、車を使用している場合はガソリン代・自動車保険料、発送料、梱包費など、仕事上必要な備品(文房具、パソコン、パソコン用品、パソコンの修繕を行った場合の修理代)の購入なども必要経費になりますので、領収書を無くさないようにしましょう。
帳簿の付け方を教えて
どのような規模の事業でも、商品を売ってお金を取り扱う以上はその取引の記録を帳簿につける必要があります。
確定申告時期になってから困らないように、出来ることなら自分自身で毎日記帳することをおすすめします。
会計ソフトを使った方が良いのか
大企業でも使うような高額な会計ソフトではなく、安価な会計ソフトで十分です。
ただし、法令の改正に合わせたバージョンアップする等など、評価が高い・実績のある会社のソフトを選びましょう。