税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[フランチャイズ]

業界別 税理士を選ぶポイント[フランチャイズ]

フランチャイズに詳しい税理士を無料でご紹介しています。

帳簿の付け方を教えてほしい
帳簿の付け方、数字の見方、申告書の作成方法など、これで合っているのかなど、不安に思う事もあるかと思います。税務署や顧問の税理士などに相談してみましょう。
加盟の際に注意する点は?
当たり前のことですが、契約内容は細かくチェックし、不明点は納得できるまで確認しましょう。
最近では店舗物件が決まる前に契約が締結され、加盟金を徴収されることがあります。こういった契約をするフランチャイズ本部は、注意すべきです。
また、加盟金などの初期投資金額、ロイヤリティー(マージン)がどうなっているかなど、慎重に検討しましょう。
フランチャイズの会計処理
通常の店舗経営の会計処理と違い、本部から独自の会計資料が送られてきたり、フランチャイズならではの会計処理になっています。
例えば、フランチャイズに加盟する場合に、経営指導料、ノウハウ提供料、仕入業務管理費、エリア取得料など様々な名目で一時金を支払うことがあります。
加盟のメリット・デメリット
個人でいちから開業するのではなく、ビジネス・商売に必要なものが一通り用意されているため、加盟したフランチャイズの店名やロゴで、良いイメージを得られたり、大手の流通システムが使えるなどのメリットもあります。
一方、デメリットとしては、高額な初期投資が必要であったり、契約上の成約が多くすべて本部の経営方針に従わなくてはならない、などの注意点もあります。
出来るだけ節税したい
フランチャイズに加盟した場合に、情報提供料や経営指導料などの様々な名目で、一時金を支払うことがあります。
返還されないことが確定しているものは資産に計上して償却計算をします。
会計ソフトを導入したい
本部からの資料だけでは、店舗の数字を把握しきれないとの声を伺います。
量販店などで購入できる会計ソフトでも毎日入力すれば、リアルタイムに数字が見えるようになります。