税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士は何をしてくれるのか?

税理士は何をしてくれるのか?

税理士とは、一言で言えば「税金のプロ」です。会計・決算・納税・税務相談 など、企業や事業主の税金に関わる多くのことを税理士に相談・依頼することができます。
これらを個人で行うこともできますが、「財務に多くの時間を割かれてしまい、肝心の事業に手が回らなくなってしまう」という話をよく聞きます。 自分の健康をかかりつけの医者に相談するように、税金のことは税理士に相談することが、事業を円滑に進める上で一番最適ではないでしょうか。

税理士の独占業務とは?

税理士にしかできない仕事を『独占業務』といいます。
税理士がしてくれること、つまり税理士の仕事は、この独占業務を中心に行われます。
独占業務は「税理士法」という法律で以下の通りに定められています。

1. 税務代理
法人税の申告書などを、納税者に代わって申告・申請することができます。
また、税務調査に立ち会い、納税者の代わりに説明することもできます。
税務調査は、脱税の疑いがあって来るだけでなく、税務処理の確認のためにも来る事があります。

2. 税務書類の作成
納税者にとっては複雑で面倒である、税務署等に提出する税務書類(申告書など)を、納税者に代わって作成することができます。

3. 税務相談
税金の計算や必要な手続きなど、税務の相談を受けることも税理士でなければできません。

独占業務以外の税理士の仕事

税理士は、独占業務に付随して「会計業務」や「コンサルティング業務」なども行います。多くの税理士の日常的な業務は、こちらがメインとなるでしょう。

「会計業務」というのは、会計帳簿や財務諸表(決算書など)を作成することです。
財務諸表は税金を申告する時に必要になります。また、会計ソフト等を使った帳簿の記帳代行もこちらに含まれます。

また、経営や税務に関するアドバイスをする「コンサルティング業務」も税理士の仕事です。
決算書の数字を分析し、節税対策・資金繰りなどの助言や、経営計画書の作成を行ったりします。