税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[治療院]

業界別 税理士を選ぶポイント[治療院]

治療院に詳しい税理士を無料でご紹介しています。

開業するのに必要なものは
治療院の経営を軌道に乗せることができるよう、綿密で的確な開業準備が必要です。
舗用地などの開業をするのに必ず必要なものもありますが、事業計画書の作成も大変重要です。 損益分岐点の割り出しなども事前にできているとベストです。
法人化したい
治療院が軌道に乗って所得が増えてくると、個人事業主から法人へと移行するケースが出てきます。
個人より法人の方が税務面でも得ですし、生命保険の掛け金を経費扱いにしたり、社宅、役員報酬など所得を分散することもできます。
また、法人化することで、信用度もアップしますし、チェーン展開などを目指すのであれば、個人事業主のまま治療院を続けるのではなく、法人化の方法なども調べておきましょう。
帳簿の付け方が分からない
税務申告や経営状態の把握のために、入金と出金を記載する帳簿は日々付ける必要があります。
様々な理由で、ご自身で付けることが出来ない場合は、顧問税理士に依頼してみましょう。
出来るだけ節税したい
節税するためには、経費の使い方が重要です。上手に節税することで、事業投資へ資金をまわすことができます。
個人事業と法人のどちらを選択するかということも税金に大きく影響します。
また、決算時に慌てるのではなく、日々効果的な経費の使い方をしていきましょう。
治療院の経理処理とは?
治療院の会計業務はあまり複雑でなく、大変し易い環境にあります。
しかし、最初は帳簿から準備しなくてはいけませんので面倒な作業となります。
複雑ではないとはいえ、治療に専念したい場合には専門家に任せる方がお勧めです。