税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 助成金・補助金特集 > 創業する場合の助成金の一覧

創業する場合の助成金の一覧

創業する場合の助成金とは

これから創業される方、もしくは、創業して間もない方にとって、創業後1〜3年間というのは、とにかく資金的に非常に厳しい時期だと思います。

そのような時期に、企業を支援するため、雇用促進のを目的として国が用意している資金が創業助成金です。

雇用への取り組みに、より前向きな企業に対して、国がサポートする為の制度として成立しました。



創業する場合の助成金の一覧

名称概要(支給対象等)お問い合わせ先
若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)業務に未経験者の非正規社員に対し、教育訓練を行った場合に、最大2年に渡り毎月15万円、さらに正社員へ移行した場合にはさらに2年間に渡り毎年50万円が支給されます。各都道府県労働局
キャリアアップ奨励金評価制度や正社員への転換制度を導入するなどすると助成金が貰えます。都道府県労働局
ハローワーク
試行雇用(トライアル雇用)奨励金業務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとするため、職業経験、技能、知識等により就職が困難な求職者を試行的に短期間雇用(原則3か月)する場合に奨励金が支給されます。最寄りのハローワーク
都道府県労働局
特定求職者雇用開発助成金新たにハローワーク等の紹介により雇用した方が対象であり、独自に募集をして雇用した場合には、対象外となってしまいます。
高年齢者(60歳以上65歳未満)や母子家庭の母、障害者等の就職が特に困難な方を雇い入れた事業主に対して一時金として助成金を支給するものです。
都道府県労働局(職業安定部)
最寄りのハローワーク


掲載している助成金一覧は2013年4月時点のものです。詳しくは、各都道府県労働局、ハローワーク等にお問い合わせ下さい。